栄養素を活かすメリット

様々なアプローチが可能

レディ

内側からの美容が注目される中、美容効果の高い食べ物が人気です。やはり美容の王道ともいえる栄養成分にあげられるのはビタミンCでしょう。コラーゲンの産生を促す効果や、紫外線ダメージによるシミができにくくなる、コラーゲン産生をアップすることで肌の新陳代謝促進にも効果が期待できます。水溶性ビタミンであるため、水で洗ったり加熱したりすると減少してしまうものの、フレッシュフルーツや生野菜からかなりの量が摂取可能です。特にビタミン含有量に優れているのが、赤パプリカや黄パプリカで、これらは加熱しなくてもビタミンCが摂取できるメリットがあります。また、ジャガイモやサツマイモの場合加熱してもビタミンCが壊れにくい特徴を持っているので、美容にも効果的な食べ物だと言えます。ビタミンCを目的として野菜の摂取量が多くなると、当然ですが食物繊維の摂取量が増えます。腸内環境の改善によって便秘解消や吹き出物を減少させる効果も期待できるでしょう。免疫力アップも肌の健康につながるので、美容効果と捉えることができます。1つの栄養素だけで美肌効果のある食べ物を選ぶのではなく、いくつかの栄養素が総合的に美容に役立つように選ぶことが重要です。含まれる栄養素のトップ3程度を把握して、目的に合わせた食べ物をうまく組み合わせながら美肌への効果を促進するのが便利な方法だと言えるでしょう。食べ物から美肌効果の高い成分を摂取する場合、数日で効果が出ることは少ないものです。長期的に摂取を心掛けて、ゆっくりと内側から体質改善を図りましょう。

紫外線が肌を左右する

ウーマン

シミやシワ、たるみもなく潤った美肌をキープするには紫外線から肌を守るケアを、習慣化させる事をおすすめします。紫外線を浴びる事は美肌作りにとって、「百害あって一利なし」と言えるほど肌にとって大きなダメージとなってしまうのです。紫外線対策をしないとシミが出来てしまう・・という事は多くの方がご存じですが、シミだけでなくシワやたるみを引き起こす要因にもなります。肌の奥深くにある真皮層部分のコラーゲンやエラスチンが、紫外線を浴びる事でダメージを受け変形してしまうと、お肌のハリ感や暖色が失われてしまいます。長年、紫外線対策をしてこなかった肌は、コラーゲン・エラスチンのダメージが大きく、ほうれい線などの大きなシワやフェイスライン・頬のたるみを作り出してしまうのです。また、紫外線による影響はお肌の乾燥や、敏感肌なども引き起こすので年齢を重ねた人だけでなく、若い人も注意しなければいけません。紫外線は肌のバリア機能を低下させ、ほこりなどの外敵刺激が肌内部にダメージを与えやすい状態を作り出してしまいます。バリア機能低下じゃ肌が敏感になり痒みやかぶれ、湿疹などトラブルを起こしやすくなるだけでなく、肌内部の水分が蒸発しやすい状態となり、乾燥も招いてしまいます。シミ・シワ・たるみといった年齢肌が目立つお肌、乾燥でかさついている、湿疹などトラブルのあるお肌は決して美肌とは言えません。このような肌状態を作り出してしまう紫外線対策を、習慣化させる事が美肌作りには欠かせないと言えるでしょう。日焼け止めを塗る、外出時は帽子をかぶり日傘をさすといった紫外線対策を習慣化させる事が、美肌作りの第一歩です。

毎日のスキンケア

女性

秋が深まってすっかり涼しくなり、空気もカラッとして過ごしやすい季節になりました。汗と皮脂でベタついていた肌ともお別れできるはずが、次は乾燥肌の季節を向かえます。乾燥肌や荒れた肌は、多くの人が目指す美肌とは対極にあります。では、なぜ美肌を目指すのでしょうかそれは、美肌は健康な肌の表れだからです。肌は私たちの体を、バリア機能によって外部の刺激から守ってくれています。美肌を維持している人は、活性酸素や花粉、ダニの糞や死骸等のアレルゲンから体が守られていると言えます。また、同時に肌に瑞々しいハリがあって、しわやたるみ、ほうれい線が無いため、見た目が驚くほど若く見えます。多くの女性は出かける前にメイクをし、帰宅後にそれを落とした後、洗顔とスキンケアを行って肌の健康を守っています。スキンケアの一番大切な柱は、ハリを得るためのコラーゲンに与えた水分を保持するための保湿です。洗顔で汚れを落とした後は、乾燥が始まる前に化粧水で良質の水分を与え、乳液で水分の蒸発を防ぐ事が基本です。その基本となる化粧水に含まれる成分で、スキンケアの結果が変わってきます。そのため、コスメメーカーでは各社で工夫を凝らした独自の成分を配合し、ライバルメーカーとの競争を繰り広げています。中でも最近はボタニカルな成分を重視し、肌への刺激を与える成分を含まないコスメが販売され、それぞれの特徴を活かした商品がたいへん人気となっています。

効果の高い化粧品の探し方

女の人

美肌を目指すならば、潤い成分の配合と浸透させるための技術がセットになった化粧品を購入しましょう。各化粧品メーカーが独自で開発しているケースが多いため、公式ホームページと口コミ情報を見て、美肌効果の高い製品を探す必要があります。

もっと読む

内臓の健康から始めよう

ウーマン

内蔵の健康状態により肌も健康状態が変化していきます。内蔵の働きが弱いと十分な栄養を吸収することができず、肌に必要な栄養が足りない状態となります。美肌を手に入れるためには、まず、内臓の健康を目指すことから始めるのがおすすめです。

もっと読む

日常の食事で賄う

婦人

美肌は健康な肌の証拠ですが、美肌を保つために食べる食品は、そのまま体全体の健康を保つものだと言えます。体の健康維持を考えて、食事のメニューを組み立てれば、必然的に美肌に必要な栄養素を取り入れている事になります。不足分だけを補ってください。

もっと読む